タント(L375S)のスタータ取替

ユーザーより『最近エンジンの掛かりが悪くGSでスタータ悪いんじゃないかなって言われたんで診て』と電話があり、診ることに。
確認すると確かにスタータの回りが悪く、バッテリも悪くなさそうでしたので、スタータが悪いようでした。
ユーザーに説明して、リンク品に交換することになりました。
それではスタータ交換しましょう。
画像

①まずは車両をリフトにセットしてバッテリ及びバッテリトレイを外します。(後からエンジンルーム内で作業しますよ)
画像②上の写真でもわかると思いますが、スタータは下から見ると奥にありますので、スタータを外す際に邪魔になるオルタネータ(緑〇)・エンジンとトランスアクスルを留めてるステー(青〇)・そしてワイヤハーネスクランプ(赤〇)を外します。外すと右の写真のようにスタータにアプローチできるようになります。
画像③しかし右の写真を見てもらうとわかりますが、スタータを留めてる上側のネジは黄色で記したように手では触れますが外すのは至難の業なので(チャレンジャーの方は頑張ってみてください)エンジンルーム内からアプローチします。その為左写真のシフトケーブルステー(赤〇)を外します。(シフトケーブルを留めてるクランプはかなり堅く嵌ってますから覚悟してください)
画像

④するとこんな感じで工具が入りアプローチ出来ますから、スタータの上側のネジ(14ミリ)を外します。
ここまでいけばあと少しリフトを揚げて下からスタータのコネクタ及び+B線を外して(②で外したワイヤハーネスクランプはこの+Bを外す際に必要だから先に外しておいたのです)下側ネジを外せば、ほらスタータ外れました。
取り付けはこの逆に(スタータ下側ネジは仮j締めして上側ネジを取り付けてから下側ネジは締めてね)行えば完成です。(最後にバッテリを外してますから、ドアガラスの初期化設定とかを忘れずに)


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック